イタチを撃退する

木製の扉

 イタチは昔から日本にいましたが、いま人家などに入って傍若無人の振る舞いをしているのは、主に外来種であるチョウセンイタチです。かわいいナリをしていますが、性格は凶暴で警戒心が強く、決して人に近づこうとはせずに、ゴミをあさったり、ときにはニワトリなどをかみ殺したりもします。さらにはどこからでも侵入し、そこを住み家としますので、たとえば足音のようなものが聞こえたり、天井に糞尿のシミがあらわれたりすると、もしかしたらそこにイタチがいるのかもしれません。夜行性なので、その姿を見止めることはなかなかできないでしょう。  イタチの撃退は個人ではかなり難しく、また狩猟許可が必要なこともあり、専門業者に依頼することがもっとも確実で安心です。

 専門業者は他の害獣駆除も手がけていることもあり、全国各地にいろんな業者が存在しています。エリア内であれば電話一本で駆けつけてくれ、調査確認の末、無料見積もりをしてくれます。  イタチ撃退方法にはさまざまな方法があり、たとえば他の害獣にも使用する忌避剤を散布したり、イタチが入ってこられないようネットを張り巡らしたり、イタチを捕獲するためのカゴを設置したりなど、これまで培ってきた熟練の技術によって排除してくれるのです。  イタチは賢い動物ですので、徹底的に排除しない限りはまたやってきます。そのことも含めて、イタチの撃退は長期戦になることもあり、依頼者も「生ゴミをあまり出さない」や「糞をきれいに掃除する」など協力することによって、完全な撃退へとつながることになるでしょう。