アリの被害

白い柵

住宅に蟻が現れることは少くありません、蟻は害のない昆虫だとイメージを持つ人がいますが、中には害をもたらす種類も存在します。そのためしっかりと駆除することが必要です。

Read more

ダニ駆除のトレンド

鉄格子

ダニは、比較的小さな昆虫です。様々なところに存在し、人間に害を与えてしまいます。そのためしっかりと駆除することが必要になります。最近では専用のクリーナーを利用することがトレンドです。

Read more

住宅への被害

緑とたんぽぽ

シロアリは、住宅に大きな被害を与えてしまう昆虫です。住宅の存続に危険をもたらしてしまうためしっかりと駆除を行うことが重要になります。シロアリ駆除は専門家に任せることが安心です。

Read more

生態系を知る

ヘルメットを持つ笑顔の男性

自宅の玄関先などに大きな蜂の巣を発見!そんな時にはスズメバチ駆除のプロに対応してもらうと良いでしょう。安全にハチ駆除を行なってくれます。

害虫を発見したらご相談ください!シロアリ駆除のプロがあなたの住宅をシロアリからしっかりと守ってくれますよ。

天井裏をドタドタと走り回って安眠を妨げたり糞尿による悪臭や天井の染み、断熱材を破って巣を作るなどの被害を出すイタチ。雑食のため、屋内に侵入して食品や生ゴミを荒らしたり、ペットの小動物を襲われるという事例もあります。イタチは寒くなってくる10月頃から暖かい場所を求めて断熱材のある天井裏などに住み着いてしまうことが多いです。繁殖期は4?6月にかけてなので、子どもを増やされてしまう前に撃退するためにはそろそろ対応を始めなければなりません。子どもが生まれてからは数が増えるだけでなく、生まれたばかりであまり自由に動けない状態で子どもの存在に気付かずに親を先に撃退してしまった場合、子どもがそのまま餓死して異臭などの原因になってしまいます。

イタチを撃退する際に必ず頭に入れておかなければならないことは、イタチは「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣法)」で管理されているため、狩猟期間外に許可なく捕獲したり薬剤を使用して駆除・処理を行うことができないということです。これは業者であっても同じです。狩猟期間は北海道は毎年10月1日?翌年1月31日、北海道以外では毎年11月15日?翌年2月15日となっています。ただし狩猟期間中に捕獲できるのはオスだけで、メスのイタチに関しては狩猟獣ではないので期間に関係なく捕獲することができません。捕獲したイタチは、遠くの河川・池などの水辺周辺に逃がさなければなりません。なお、細かな狩猟期間や捕獲などに関する対応は自治体により異なる場合もありますので、あらかじめ自治体に確認をしておきましょう。確実に撃退するための業者なども紹介してもらえます。

家の中をボロボロにするシロアリはすぐに駆除しましょう。こちらでおすすめされている業者なら、駆除後の消毒まで丁寧に行なってくれます。

イタチを撃退する

木製の扉

イタチは、人間が住んでいる住宅に入り、様々な害を与える動物です。そのため撃退を行うことが重要になります。撃退を行う際には、プロの専門家に依頼を行うことが重要になります。

Read more